みんなの疑問に答えます ジェネリック医薬品ってどうなの?

知っているようで知らない、
ジェネリック医薬品のコト。
ジェネリックトリオがわかりやすく
ご紹介します。

先生!ジェネリック医薬品について神奈川支部の加入者のみなさまからお便りが届いています!
ふむ!わしたちがギモンや不安におこたえしますぞ
僕もお手伝いするワン!

ジェネリックって、
先発薬と比べて
効き目は同じなの?

有効成分は先発薬と同じ!
だから効き目は同じですぞ!

先発医薬品 ジェネリック 色や形は違うが品質・有効性・安全性は同等!

ジェネリック医薬品は先発薬と同一の有効成分を含んだお薬です。先発薬と異なる添加剤が使用されることがありますが、効き目はもちろん、安全性も先発薬と同等です。

じゃあ先発薬と
いったい何が違うんだい?

大きな違いのひとつは、
飲みやすさなどの改良がなされていること!

小さくカプセルに

ジェネリック医薬品は、医薬品メーカーによって、苦みを抑えるなどの味の改良や小型化、OD 錠(服用後、速やかに溶ける)への変更など様々な工夫が加わったものも多く開発され、年々進化しています。

薬を飲ませるのって大変だから、子どもに飲みやすいのは嬉しいわ!

そもそも
ジェネリックって、
安全なの?

厚生労働省の
厳しい審査基準を
クリアしたものだけ
が承認されているので、
安心・安全なお薬ですぞ。

粗悪な原薬が使われたものや、有効成分が異なるものはジェネリック医薬品として承認されることはありません。

ちなみにジェネリックも先発薬と同じく、薬機法に基づいた共通の基準を満たした工場で製造されているんだワン!

※GMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理
及び品質管理に関する基準)など

でも効き目や安全性が同じなのに
ジェネリックは
なんで安い
の?

ずばり、
開発費が安いから、
価格が安い
のです!

開発費が低いから価格が安い

先発薬の開発には長い期間がかかり、その分研究・開発のための費用も多くかかります。ジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎた先発薬の有効成分でつくられるため、開発期間やコストが抑えられ、価格を安くすることができるのです。

さらに健康保険制度の
維持にもつながるワン!

自己負担額を除いた薬代は皆さまの保険料や国庫補助から支払われていますので、ジェネリック医薬品の積極的な使用は、健康保険制度の維持や国の財政負担の削減にもつながります。

健康保険の未来のために

なるほど!ジェネリックの
良いところはいっぱい
あるんだな!

ジェネリックのことを
よくわかってくれて、わしは嬉しいですじゃ!

でも、実際どうしたらジェネリックを
処方してもらえる
の?

医師か薬剤師に、
「ジェネリックに変更できますか?」と、ひとこと声をかけるだけでOKですぞ!

医師に お薬はジェネリックにできますか? 薬局で ジェネリックでお願いします。

個々の処方薬をジェネリックに変更しても良いかはお医者さんが判断しており、処方せんの「変更不可」欄に「✓」又は「 × 」の記載がない場合は、ジェネリックに変更することが可能です。

伝えにくいな…と思う方は、おくすり手帳や保険証に貼り付けられる「ジェネリック医薬品希望シール」でカンタンに意思表示ができるワン!

ジェネリック医薬品希望シール
希望シール依頼書はこちら

依頼書を印刷して郵送
またはFAX でご依頼ください。

へ〜!
意外とカンタンなのね!
でも………

ママさん、
もしかして、いきなり
ジェネリックに変えるのは不安ですか…?

それならご安心を!
「ジェネリックに変えるのは不安だ」、
「体に合わなかったら困る」
という方は、
「お試し調剤」というものもありますよ!

「お試し調剤」を活用 1回目の調剤 ジェネリック医薬品を調剤(短期間) 2回目の調剤 引き続きジェネリック医薬品を調剤(短期間) ※もしも不都合な点があった場合には、変更前の先発医薬品(新薬を調剤)

「お試し調剤」は、処方された薬を数回に分けて受け取ることのできる「分割調剤」という制度のひとつです。
またジェネリック医薬品の中には、有効成分・原料・添加物・製造方法などが先発薬と同一の「オーソライズド・ジェネリック(AG)」というものがあります。

薬局で処方せんを提出する時に、気軽に薬剤師に相談してほしいワン!

そんな制度があるなんて、知らなかった!
じゃあお試し調剤からはじめてみようかな…!

うむっ!ジェネリック医薬品のこと、お薬のこと。まずは医師・薬剤師に気軽に相談するところからはじめてみましょう。

ジェネリックにしませんか?医師・薬剤師に気軽に相談してね
もっと知りたい!ジェネリック

先生!ジェネリックについて、まだまだママさんからの質問が届いています!

どれどれ…

まだまだお答えするワン!

みんなジェネリックを使ってるの?
使用割合78.7%

神奈川県でも多くの方がジェネリック医薬品を使用しており、協会けんぽ神奈川支部のジェネリック医薬品使用割合は78.7%に達しています。令和2年9月時点

どんなお薬にもジェネリックはあるの?

ジェネリック医薬品の種類は、多岐にわたります。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病から、花粉症などのアレルギー性疾患や風邪などの身近な疾病まで、幅広い病気に対応できるジェネリック医薬品があります。
ただし、すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありませんので医師や薬剤師に気軽にお尋ねください。

ジェネリックを使うと保険料率が下がる?

協会けんぽの保険料率は、加入者の皆さまの医療費等に基づいて算出されています。協会けんぽでは47都道府県支部の取り組みを5つの指標で評価し、その結果を順位付けする「インセンティブ制度」を導入しています。インセンティブ制度で23位以内に入った支部はインセンティブ(報奨金)を得ることによって保険料率を引き下げることができます。
ジェネリック医薬品の積極的な使用は、保険料率の引き下げにつながります。